住宅ローンの頭金は平均いくら?

住宅ローンの頭金の平均は、借入金の約20パーセントとされています。
つまり、3000万円の場合は、600万円を用意されている方が多くいらっしゃるということです。
実際には、何処に家を買うのか、広さなどによっても値段が変わってきますし、土地を持っていたのか、マンションなのかによっても変わってきますので、目安にしてみてください。
また、住宅ローンには、頭金も必要ですが、信用も必要になってきます。
会社に雇用されている場合は、その会社の実績も重要な要素になります。
やはり、利益が出ていて、今後も利益が出せるような事業内容であるかどうかもポイントになります。
雇用期間や、実際の今の給与も関係してきます。
その為、住宅ローンの頭金を平均よりも多めに用意しなければならない場合もありますし、逆に、少なくても事足りる場合もあります。
どちらにせ、住宅ローンの頭金はある程度用意しておいたのが、後々のことを考えても良いでしょう。
平均的な住宅を希望されている場合は少なくとも500万円は用意するようにし、出来ればその倍である1000万円を用意しておいたのがおすすめです。
もちろん、途中で繰り上げ返済などをすることもあるでしょうが、しっかりと計画を持ったうえで住宅ローンの頭金を用意しておくようにしましょう。
生活資金や家具家電なども購入しなければならない場合は尚更です。
それなりに資金を用意しておくことは、精神衛生上も良いからです。
一番お得な住宅ローンガイド|安心でお得な住宅ローンを徹底比較!はこちら